Why STSアウトソーシング?

​管理業務の変動費化を実現します。

業務量に応じて必要な時間のみの稼働のため、

繁忙期に特化し平常時の人件費を削減します。

​業務が止まることがありません。

従業員の突然の退職などによる業務継続リスクを低減。

ブラックボックス化などの不正を防ぎ、オープンで効率的な​業務体型へ変更できます。雇用に伴う採用や費用などが必要ない上、雇用リスクも軽減可能です。

​経験豊富なスタッフが日本語で対応します。

米国での業務経験が豊富な日本人バイリンガルスタッフにより、質の高いサービスを提供します。

行政とのやり取り、日本本社へのレポートもお任せ下さい。

​STS アウトソーシング

在米日系企業の管理業務をサポートする、リモート型業務代行サービス」です。

 

経理・給与計算代行

日次、月次で発生する記帳業務や

売掛金・買掛金管理、小口精算​、給与計算。

連結レポートや日本本社への報告資料作成まで

経理給与計算業務の全般を代行致します。

経理 給与計算

詳細

​導入イメージ

御社の経理担当として勤務をし、経理一般業務を代行します。​

​マネジメント​レポート

一般業務レポート

​監査対応など

​日本本社

​お客様担当

指示・承認

​業務報告

​STS

アウトソーシング

​  お客様企業 

連邦・州政府

​会計事務所

御取引先

こんなことにお困りでは?

日本本社に提出する月次レポートの

作成編集に時間がかかっている!

経理担当が急に辞めてしまった。

​なかなか次の人材が見つからない...​

USAは人件費が高すぎる!

​税金や保険、そして訴訟リスクも...

経理スタッフが自分にしか分からない方法で

処理していて、不正が心配だ。

繁忙期以外は忙しくなく、

担当者はネットサーフィンをしている...

人や雇うまでの仕事量ではないが、

​時間がかかってしまう...

コア業務へ

​集中出来ない!

​一般業務や経理業務を効率化・最適化し​​

コア業務に集中出来る環境を作ります

メリット

業務の常時継続

アメリカではスタッフの急な退職は日常茶飯事です。また、​就労ビザの取得が年々厳しくなり、人材採用も非常に難しくなっています。退職、採用の繰り返しに時間を割いてコア業務を遂行できない、という状況も少なくありません。

​アウトソーシングは担当者の退職に関係なく業務が常に継続しますので、急な退職の多いアメリカではとても効率の良い方法です。

不正防止

​金銭を管理する経理は不正を行いやすいポジションです。解雇されないために自分にしか分からない処理を行う、ブラックボックス化させるケースもあります​。​

​経営陣に「見える」経理体制を築くことで、不正防止に繋がります。

コスト削減

​アメリカでの人材採用は保険や、訴訟リスクなどを考慮しなくてはならず、人件費が非常に負担になります。また、経理は繁忙期と平常時の勤務時間の差が大きいので、必要な時のみ稼働するアウトソーシングでコストを削減が可能です。

 

​アウトソーシング料金

​※作業時間の算出は30分単位で行います。

​例1
ひと月に4.0時間の作業を行った場合の料金

​基本料金 :$400

​例2
ひと月に8.5時間の作業を行った場合の料金

​基本料金+超過料金3.5時間 :$680

​詳細はお問い合わせください。

STS Innovation, Inc について

創刊25年の全米向け日本語メディア「U.S. FrontLine」を軸に、中国語メディア「J-goods」の製作・発行。

人材紹介「STS Career」事業、経理・給与計算のアウトソーシング、システムコンサルティングを提供。

米国西海岸を拠点に、日本とアメリカを繋ぐソリューション企業です。

​アメリカの最新ビジネス情報を配信中です。

​メールアドレスをご登録下さい。

  • Facebook